院長コラム

HOME | 院長コラム | 院長コラム Vol.9

院長コラム

Vol.09  「第55回東大コールア・カデミー定期演奏会に出演」


2008/12/10

 
 12月6日に、第55回東京大学音楽部コール・アカデミー定期演奏会が、川口リリアホールで開催されました。現役のコール・アカデミーは、数年前には団員10人という、「絶滅危惧種」でしたが、OBのてこ入れでやっと団員も20名を超して、精一杯のステージをくり広げてくれました。

 私もOB合唱団の1員として、現役と合同の最終ステージ「オペラ合唱曲集」で、ヴェルディー作曲のナブッコから「行け我が想い、金色の翼に乗って」、リゴレットから「静かに、静かに!復讐の行動を」、運命の力より「天使の位にある処女マリア」、ワーグナー作曲のタンホイザーより「巡礼の合唱」を歌いました。指揮は、OB合唱団の常任指揮者の三澤洋史先生で、新国立劇場の合唱指揮者を務めている先生です。熱心なご指導のおかげで、聴きに来てくれた人たちも満足した演奏が出来たと思います。

 今年の合唱活動はこれで終わり、来年は、9月の「前田幸市郎先生没後20周年記念コンサート」で、ケルビーニのレクイエムとフォーレのレクイエムを歌う予定です。前田幸市郎先生は、私たちが学生時代に指導を受けていた指揮者の先生で、卒業してからも先生の指揮する混声合唱団「東京合唱団」で、歌っていました。「トシ、おまえのはフォルテッシモじゃなくてガナリッシモだ!」「土手医者め!藪医者は、向こうがすけてみえるが、土手医者は全く見えねーんだ」など、ユーモアあふれる言葉で、かわいがっていただきました。

当院から様々なジャンルのコラムを発信しています。