院長コラム

HOME | 院長コラム | 院長コラム Vol.46

院長コラム

Vol.46  たなか成長クリニックの七夕飾り 2020


2020/8/3

 
恒例のたなか成長クリニックの七夕飾りが、今年も行われました。短冊の数は187枚でした。今年は、世相を反映して、コロナ関係のものが断トツに多かったのが特徴でした。
 
 コロナ関係・・・・・・・・・・・・・・・54枚(28.9%)
 身近な願い・・・・・・・・・・・・・・・35枚(18.7%)
 将来なりたいもの・・・・・・・・・・・・22枚(11.8%)
 家族の健康・幸せ・・・・・・・・・・・・22枚(11.8%)
 学業向上・・・・・・・・・・・・・・・・19枚(10.2%)
 身長に関する願い・・・・・・・・・・・・16枚(8.5%)
 運動能力向上・・・・・・・・・・・・・・ 5枚(2.7%)
 友達関係・・・・・・・・・・・・・・・・ 2枚(1.0%)
 演奏・歌の向上・・・・・・・・・・・・・ 1枚(0.5%)
 解読不能・・・・・・・・・・・・・・・・11枚(5.9%)

2位は「身近な願い」で去年と変わらず、去年1位だった「将来なりたいもの」が3位に転落しています。去年6位の「家族の健康、幸せ」が同点3位になり、去年3位の「学業の向上」は、5位。2017年1位だった「身長に関する願いは」、2018年3位、2019年4位、そして今年は6位と、年々交代しています。昨年24枚もあった、「運動能力向上」が5枚と減ったのは、部活動が制限されている事を反映しているのでしょうか。

 コロナ関係では、「早くコロナが収まりますように」関係が38枚。「コロナが収まって、普通の学校生活に戻れますように」が一番多く、「旅行に行けますように」「ゲーム解放して下さい」というのもありました。次いで「コロナにかかりませんように」関係が14枚。あとは、「コロナ滅殺!」「コロナ、お前がじしゅくしろ!!」という勇ましいもの。
「身近な願い」は、「がっこうにいけますように」という、やはりコロナを反映しているものが数枚ありました。その他、「お金がたまりますように」「てれびがみたい」「ネコが飼えますように」「マジックを上手になれますように、しょうぎも上手になれますように」など。「血液けんさが少なくなりますように」という、身につまされるものもありました。
「将来なりたいもの」は、「アイドル・モデル」3名、「きさつたい(鬼滅の刃)」2名、その他「かんごしさん」「薬ざい師」「薬のかいはつ」などの医療関係、「オリンピックせんしゅ」「FC東京ジュニアユース」などのスポーツ関係、「しんかんせんのうんてんしゅ」「そふぼうし」など。変わったのでは、「画龍点睛を欠くことのない絵を描きたい」「いつか、山おくで、じきゅうじそくを、したいです」「農林水産省国際部にはいれますように」。
「家族の健康・幸せ」は、「家族全員、健康で過ごせますように」は、毎年の願い。「姉がやさしくなりますように」「○○の反こう期が早く終わりますように」という願いも。
「学業向上」は、「テストで90点以上とれますように」「「英検3級がうかりますように」「偏差値があがりますように」など。「受験で志望校に合格しますように!!」や、「聖光学院合格」「京大理学部合格!」「東京大学理科Ⅲ類合格」と具体的な願いも。「じゅくに行かなくてすみますように。あと学力テストで全教科100点とれて猫がかえますように」という、欲張りなものも。
「身長に関する願い」は、ほとんど全員が「背が伸びますように、大きくなりますように」。「150cmを超えますように」「170cmいけますように」という具体的な願いもあり、皆の目標が達成できるように、先生も頑張って治療しています。

今年は、コロナの影響が色強く感じられた七夕飾りでした。皆の願いが叶って、早くコロナが収まることをスタッフ一同願っています。

当院から様々なジャンルのコラムを発信しています。