院長紹介

20 <<  学術活動 <<  院長紹介 <<  HOME

 学術活動

No.20  抄録 6歳時低身長 2015  

2015/4/28

Growth failure starts from early infancy in children with short stature at age 6
Masahiro Noda1,2, Naoko Sato1,3, Toshiaki Tanaka1,
Clinical Pediatric Endocrinology 24:1-10,2015
 
6歳時低身長児の成長障害は、乳幼児期早期から始まる
1)たなか成長クリニック 2)公立昭和病院 3)国立成育医療研究センター
野田 雅裕1)2) 佐藤 直子1)3) 田中 敏章1)
 

要旨:

たなか成長クリニックを通院中の、6歳時に身長SD(HtSD)が-2SD以下の低身長児183名を、その後の検査結果などもふまえて、特発性低身長症(ISS)119名、成長ホルモン分泌不全性低身長症(GHD)33名、SGA性低身長症(SGASS)31名にわけ、身長・体重・栄養摂取状況の経時的変化について後方視的に検討し、6歳時正常身長児と比較した。
 6歳時正常身長児の出生時から6歳までの身長SDスコアの変化は、出生時正常身長の群は平均-0.24 SD、出生時低身長の群は平均+2.27 SDだった。6歳時低身長児では、その変化は特発性低身長症では-1.93 SD、成長ホルモン分泌不全性低身長症では-2.41 SD、SGA性低身長症では+0.58 SDだった。出生時から6か月目までの身長SDスコアの変化は、特発性低身長症、成長ホルモン分泌不全性低身長症、SGA性低身長症それぞれ-0.84 SD、-1.03 SD、+0.38 SDで、出生時から1歳時までの変化はそれぞれ、-1.07 SD、-1.44 SDだった。特発性低身長症と成長ホルモン分泌不全性低身長症においては、出生時から6か月目での身長SDスコアの低下は、6歳時までの低下の、それぞれ43.5%、42.6%と半分近くであった。
栄養摂取状況に関しては、低身長児群ではミルクの飲みが良好だった割合と悪かった割合はそれぞれ19%、53%だったが、正常身長群ではそれぞれ56%、16%であった。また低身長児群では離乳食の摂取が良好のわりあい不良の割合がそれぞれ22%、56%であったが、正常身長群ではそれぞれ53%、17%であった。
低身長児は正常身長児に比してミルクの飲みが悪く、離乳食摂取不良である割合が高く、体重増加が不良で、6か月までに身長SDスコアが低下しており、6歳時低身長の要因に栄養摂取不良があると考えられた。

学術活動

 
 2015/04/28
No.21  「抄録2012-2015」 抄録 SGAGHTX 2015
No.20  「抄録2012-2015」 抄録 6歳時低身長 2015
No.19  「抄録2012-2015」 抄録 GHRP-2 2014
No.18  「抄録2012-2015」 抄録 GHD&QOL 2014
No.17  「抄録2012-2015」 抄録 GST+PB 2012
 2013/01/29
No.16  抄録 2011-2012
No.15  業績一覧(2011-2012)
 2011/02/23
No.14  績一覧(2008-2010)
No.13  小児検査基準値
 2010/06/12
No.12  低身長児の自然発育「成人身長の改善を規定する因子の検討」 「成長ホルモン分泌不全性低身長症における成長ホルモンによる前思春期の治療開始年齢別治療効果」
 2009/11/19
No.11  「成人低身長になる機序-低身長思春期発来-」と「低身長思春期発来児にたいする蛋白同化ホルモン・性腺抑制併用療法の有効性」
 2009/01/20
No.10  業績一覧
No.09  抄録
 2008/10/07
No.08  日本小児内分泌学会報告
 2008/06/10
No.07  6月講演予定
 2008/05/28
No.06  「改訂版 成長障害の臨床」が韓国で翻訳されて出版
 2008/02/26
No.05  総説と原著論文の要約
 2007/11/14
No.04  日本小児内分泌学会「学会賞」を受賞
 2007/10/30
No.03  韓国の成長ホルモンをとりまく事情
 2007/10/23
No.02  ”Forum on Growth Hormone Research, 2007” (成長ホルモン研究フォーラム 2007)
 2007/10/17
No.01  9月8日午後から12日まで、シンポジウムおよび学会