院長紹介

19 <<  学術活動 <<  院長紹介 <<  HOME

 学術活動

No.19  抄録 GHRP-2 2014

2015/4/28

Increased secretion of endogenous GH after treatment with an intranasal GH-releasing peptide-2 spray does not promote growth in short children with GH deficiency
Toshiaki Tanaka, Yukihiro Hasegawa, Susumu Yokoya, Yoshikazu Nishi
Clinical Pediatric Endocrinology 23:107-114,2014
 
Growth hormone-releasing peptide-2点鼻による内因性成長ホルモン分泌増加は、成長ホルモン分泌不全性低身長症児の成長を促進しない
田中敏章1、長谷川行洋2、横谷 進3、西 美和4
1. たなか成長クリニック 2. 東京都立小児医療センター内分泌代謝科 3. 国立成育医療研究センター生体防御内科部 4. 広島原爆赤十字病院小児科
 

要旨

強力なGH(Growth hormone: 成長ホルモン)分泌刺激剤であるGHRP(Growth hormone ?releasing peptide)-2の点鼻による内因性GHの分泌促進により、成長ホルモン分泌不全性低身長症(GHD)の成長が促進されるかを検討した。
対象は、身長が-2SD以下でGH分泌刺激試験により診断された成長ホルモン分泌不全性低身長症のうち、GHRP-2の事前点鼻により血中GH濃度が9ng/mlまで上昇する前思春期の症例126例(男子81例、女子45例)。対象を二重盲検法によりプラセーボ群44例(P群:男子30名、女子14名)、GHRP-2低用量群41例(L群:男子25名、女子16名)、GHRP-2高用量群41例(H群:男子26名、女子15名)の3群に分けた。体重20kg未満は偽薬(P群)、GHRP-2 50μg(L群)、GHRP-2 100μg(H群)を、体重20kg以上は偽薬(P群)、GHRP-2 100μg(L群)、GHRP-2 200μg(H群)を1日2回(朝、夕)投与し、48週継続した。P群、L群、H群の治療開始時の年齢、身長SDスコアは、P群7.5歳、-2.26SD、L群7.3歳、-2.38SD、H群7.5歳、-2.27SDと、3群に有意差はなかった。
48週継続できた症例は、P群、L群、H群それぞれ44例、40例、40例だった。48週後の平均成長速度、平均身長SDスコアは、P群、L群、H群と48週間の身長SDスコアの変化もそれぞれ平均0.07SD、0.03SD、0.02SDと有意差がなかった。開始時および48週の血中IGF-I値も3群間に有意差がなかった。
GHDにおいて、GHRP-2による内因性GH分泌の増加は、成長を促進しないことが明らかになった。このことは、本症に成長促進をもたらすGH治療が、基本的には薬理作用であることをあきらかにするとともに、インターネットなどで氾濫するGH分泌促進作用をもつと宣伝されているサプリメント・薬剤などに、警告を発するものである。

学術活動

 
 2015/04/28
No.21  「抄録2012-2015」 抄録 SGAGHTX 2015
No.20  「抄録2012-2015」 抄録 6歳時低身長 2015
No.19  「抄録2012-2015」 抄録 GHRP-2 2014
No.18  「抄録2012-2015」 抄録 GHD&QOL 2014
No.17  「抄録2012-2015」 抄録 GST+PB 2012
 2013/01/29
No.16  抄録 2011-2012
No.15  業績一覧(2011-2012)
 2011/02/23
No.14  績一覧(2008-2010)
No.13  小児検査基準値
 2010/06/12
No.12  低身長児の自然発育「成人身長の改善を規定する因子の検討」 「成長ホルモン分泌不全性低身長症における成長ホルモンによる前思春期の治療開始年齢別治療効果」
 2009/11/19
No.11  「成人低身長になる機序-低身長思春期発来-」と「低身長思春期発来児にたいする蛋白同化ホルモン・性腺抑制併用療法の有効性」
 2009/01/20
No.10  業績一覧
No.09  抄録
 2008/10/07
No.08  日本小児内分泌学会報告
 2008/06/10
No.07  6月講演予定
 2008/05/28
No.06  「改訂版 成長障害の臨床」が韓国で翻訳されて出版
 2008/02/26
No.05  総説と原著論文の要約
 2007/11/14
No.04  日本小児内分泌学会「学会賞」を受賞
 2007/10/30
No.03  韓国の成長ホルモンをとりまく事情
 2007/10/23
No.02  ”Forum on Growth Hormone Research, 2007” (成長ホルモン研究フォーラム 2007)
 2007/10/17
No.01  9月8日午後から12日まで、シンポジウムおよび学会