院長紹介

14 <<  学術活動 <<  院長紹介 <<  HOME

 学術活動

No.14 業績一覧(2008-2010)

2011/2/23

【和文原著】
田中敏章、横谷 進、藤枝憲二、清野佳紀、多田 裕、三科 潤
日本人SGA性低身長症患児に対する成長ホルモンの治療効果と安全性-国内ガイドラインの治療開始基準合致例の検討-
ホルモンと臨床 56:961-971,2008
 
田中敏章、伊藤純子、島津 章、田中弘之、寺本 明、永井敏郎、長谷川奉延、羽二生邦彦、
藤田敬之助、堀川玲子、向井徳男、和田尚弘、横谷 進
SGA児とAGA児における成長ホルモン長期治療効果の比較
ホルモンと臨床 56:1199-1202,2008
勝又規行、堀川玲子、緒方 勤、田中敏章
新規SF1変異による副腎機能正常な46,XY女性の2例
ホルモンと臨床 56増刊号:185-189,2008
磯島 豪、内木康博、堀川玲子、横谷 進、田中敏章
小児における体格指数の検討:Body Mass Index(BMI)Zスコアと肥満度の相関-秋田県健常小児における検討-
肥満研究 14:159-165,2008
長田久雄、高橋 亮、田中敏章
SGA性低身長児における心理社会的特徴に着目した成長ホルモン治療効果の検討
小児保健研究 68:240-247,2009
長田久雄、田中敏章、藤枝憲二、横谷 進、清野佳紀、戸刈 創、三科 潤
SGA低身長児と健常児のQOL比較およびSGA低身長児の成長ホルモン治療によるQOLの変化
小児保健研究 68:350-.58,2009
内木康博、堀川玲子、佐藤真理、田中敏章
体質性成長思春期遅延の男児におけるGrowth Potential法の再評価
日本成長学会雑誌 15:7-10,2009
田中敏章、内木康博、堀川玲子、佐藤真理
低身長児の思春期における成人身長の予測法(Growth Potential II法)
日本成長学会雑誌 15:17-22,2009
田中敏章
低身長児の自然発育:成人身長の改善を規定する因子の検討
日本成長学会雑誌 16:15-21,2010
田中敏章、伊藤純子、神崎 晋、島津 章、田中弘之、寺本 明、永井敏郎、長谷川奉延、
羽二生邦彦、藤田敬之助、堀川玲子、向井徳男、和田尚弘、横谷 進
成長ホルモン分泌不全性低身長症における成長ホルモンによる前思春期の治療開始年齢別治療効果
日本成長学会雑誌 16:23-29,2010
田中敏章、藤枝憲二、清野佳紀、高野加壽恵、千原和夫、入江 實.
成長ホルモン分泌不全性低身長症における遺伝子組換え成長ホルモンの短期的および長期的治療効果-KIGSデータベースの解析-
日本成長学会雑誌 16:69-76,2010
横谷 進、堀川玲子、内木康博、田中敏章.
成長ホルモンによる短期的成長促進作用とコレステロール代謝
日本成長学会雑誌 16:77-84,2010
田中敏章、内木康博、堀川玲子
中枢性思春期早発症に対する性腺抑制療法におけるLHRHアナログの治療量の検討
日本成長学会雑誌 16:85-92,2010
 
【英文原著】
Isojima T, Yokoya S, Ito J, Horimakwa R, Tanaka T
Trends in age and anthrometric data at start of growth hormone treatment for girls with Turner syndrome in Japan
Endcr J 55:1065-1070,2008
Isojima T, Yokoya S, Ito J, Horimakwa R, Tanaka T
Inconstant determination of overweight by two anthropometric indices in girls with Turner syndrome
Acta Paediatrica 98:513-8, 2009
Tanaka T, Tai S, Marisaki Y, Tachibana K, Kambayashi Y, Chihara K, Seino S, Fujieda K
Evaluation of quality of life in children with GH deficiency and idiopathic short stature using the Child Behavior Checklist
Clin Pediatr Endocrinol 18:15-22,2009
Dateki S, Hizukuri K, Tanaka T, Katsumata N, Katavetin P, Ogata T
An immunologically anomalous but considerably bioactive GH produced by a novel GH1 mutation (p.D116E)
Eur J Endocrinol 161:301-306,2009
Martin DD, Koshi Sato, Mari Sato, Hans Henrik Thodberg, Toshiaki Tanaka
Validation of a new method for automated determination of bone age in Japanese children
Horm Res Pediatr 73:398-404,2010
Fujita K, Yokoya S, Fujieda K, Shimatsu A, Tachibana K, Tanaka H, Tanizawa T, Teramoto A, Nishi Y, Hasegawa Y, Hanew K, Horikawa R, Nagai T, Tanaka T
Adult heights of 258 girls with Turner syndrome on low dose growth hormone therapy in Japan
Clin Pediatr Endocrinol 19:63-68,2010
Tsuyoshi Isojima, Yokoya Susumu, Junko Ito, Yasuhiro Naiki, Reiko Horikawa, Toshiaki Tanaka
Proposal of new suxological standards for Japanese girls with Turner syndrome
Clin Peidatr Endocrinol 19:69-82,2010
 
【和文総説】
田中敏章
下垂体性巨人症
小児内科 40増刊号:667-669,2008
田中敏章
ジアゾキシド
日本病院薬剤師会雑誌 45:277-279、2009
田中敏章
SGA性低身長症の成長ホルモン治療適応条件と治療効果・安全性
周産期医学 39:603-607,2009
田中敏章
成人GH分泌不全症の登録システムと適正使用
ホルモンと臨床 57:389-393,2009
田中敏章
成長ホルモン治療の過去・現在・未来
小児内科 42:538-543,2010
【英文総説】
Tanaka T, Lee PA
Treatment approaches for central precocious puberty in Asia and US: the role of gonadotropin-releasing hormone analog (GnRHa)
Ped Endocrinol Rev 6(Supppl 1):259-262,2008

学術活動

 
 2015/04/28
No.21  「抄録2012-2015」 抄録 SGAGHTX 2015
No.20  「抄録2012-2015」 抄録 6歳時低身長 2015
No.19  「抄録2012-2015」 抄録 GHRP-2 2014
No.18  「抄録2012-2015」 抄録 GHD&QOL 2014
No.17  「抄録2012-2015」 抄録 GST+PB 2012
 2013/01/29
No.16  抄録 2011-2012
No.15  業績一覧(2011-2012)
 2011/02/23
No.14  績一覧(2008-2010)
No.13  小児検査基準値
 2010/06/12
No.12  低身長児の自然発育「成人身長の改善を規定する因子の検討」 「成長ホルモン分泌不全性低身長症における成長ホルモンによる前思春期の治療開始年齢別治療効果」
 2009/11/19
No.11  「成人低身長になる機序-低身長思春期発来-」と「低身長思春期発来児にたいする蛋白同化ホルモン・性腺抑制併用療法の有効性」
 2009/01/20
No.10  業績一覧
No.09  抄録
 2008/10/07
No.08  日本小児内分泌学会報告
 2008/06/10
No.07  6月講演予定
 2008/05/28
No.06  「改訂版 成長障害の臨床」が韓国で翻訳されて出版
 2008/02/26
No.05  総説と原著論文の要約
 2007/11/14
No.04  日本小児内分泌学会「学会賞」を受賞
 2007/10/30
No.03  韓国の成長ホルモンをとりまく事情
 2007/10/23
No.02  ”Forum on Growth Hormone Research, 2007” (成長ホルモン研究フォーラム 2007)
 2007/10/17
No.01  9月8日午後から12日まで、シンポジウムおよび学会