院長紹介

01 <<  学術活動 <<  院長紹介 <<  HOME

 学術活動

No.1  9月8日午後から12日まで、シンポジウムおよび学会

2007/10/17

 9月8日午後から12日まで、シンポジウムおよび学会のために休診致しました。この間、4日間毎日違う演題で4つの英語での演題発表があり、さすがに消耗しました。
 


■「KIGS National Conference」

 
 9月8日に開かれた、「KIGS National Conference」で、ドイツのRanke教授とKIGS(Pfizer International Growth Study)データベースの解析を行い、Ranke教授は「成長ホルモン分泌不全性低身長症:日本と欧米の診断の違い」、私は「成長ホルモン治療に対する欧米人と日本人の反応性の違い」という題で発表しました。KIGSは、ファイザー社の成長ホルモン ジェノトロピンの市販後調査によるデータベースで、全世界から58,900例のデータが蓄積され、日本はその中の18%を占めています。KIGSは1998年に始められ、今年の6月にストックホルムで「KIGS 20周年記念シンポジウム」が開かれ、私も招待されて特別講演「Puberty(思春期)」をおこなってきました。Ranke教授は、KIGSを最初から指導してきた小児内分泌医で、日本も1999年よりKIGSに参加しており、私と昔からの友人です。Ranke教授は、約20年前に私と日比先生と3人で行った鼎談の写真をスライドで紹介してくれました(写真)。
 KIGSに登録されているデータの中で、4年以上GH治療を行い成人身長に達した1,665名の欧米人と297名の日本人の特発性成長ホルモン分泌不全性低身長症のGH治療のデータを解析しました。1年目の成長率は欧米人、日本人それぞれ男性8.8cm/年、7.7cm/年、女性9.2cm/年、7.3cm/年と欧米人のほうが大きく、成人身長も男性168.7cm(-1.20SD)、161.8 cm(-1.55SD)、女性156.0 cm(-1.32SD)、147.8cm(-1.94SD)と欧米人のほうが有意に高身長でした。身長SDスコアの改善率も男性2.05 SD、1.78SD 、女性2.36SD、1.42SDと欧米人の方が有意に改善していました。欧米人のほうが、治療開始年齢が日本人より1年早く、治療量も日本人よりも多いという条件はありますが、やはり日本人の方が、欧米人よりもGH治療に対する反応性が悪いことを示唆するデータでした。
 

■「XI International Congress of Auxology(第11回国際成長学会)」

 
 9月10日~12日は、私が事務局長を務めた「XI International Congress of Auxology(第11回国際成長学会)」が、東京の都市センターホテルで開催されました。10日のサテライト・シンポジウム「低身長児にたいする成長促進治療」で、「成長ホルモン以外の成長促進治療」の講演を行いました。成長科学協会の成長ホルモン分泌不全性低身長症(GHD)データベースの解析では、男子の41%が成人身長160cmに達しておらず、女子の64%が成人身長150cmに達していませんでした。国立小児病院/国立成育医療センターの内分泌代謝科で治療したGHDの解析では、思春期開始時の身長が成人身長に重要であることがわかりました。すなわち、GH治療をしている男子で、135cm以上で思春期に入ったひとは、89%(17/19)成人身長が160cmを越えるのに対し、135cm未満で思春期に入ったひとは64%(9/14)が160cmに達しないこと、女子では132.5cm以上で思春期に入ったひとは、82%(9/11)成人身長が150cmを越えるのに対し、132.5cm未満で思春期に入ったひとは86%(19/22)が150cmに達しないことが、明らかになりました(図1(a)(b))。そこで135cm未満で思春期に入った40人の男子と132.5cm未満で思春期に入った女子14人のGHDに対して、GnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)アナログ治療を男子平均4.3年、女子平均4年併用しました。その結果、男子で成人身長160cm以上に達した人は32人(80%)、女子で150cm以上に達した人は10人(71%)で、それぞれGH治療だけの36%、14%より有意に改善しました(図2(a)(b))。GnRHアナログの併用は、思春期の時期を延長し、成人身長を改善しますが、長期の治療期間が必要で、その間の思春期が成熟しないことの心理社会的問題、骨密度が上昇しないことなど、よく説明し納得した上で治療を開始する必要があります。
 

■特別講演「低身長児に対する成長促進治療:日本の現状」

 
 11日の特別講演「低身長児に対する成長促進治療:日本の現状」では、現在のGHDに対する成長ホルモン治療はまだ確立した治療ではなく、特に治療量が少ないことが問題であることを指摘しました。また、ターナー症候群においては、治療開始年齢、性ホルモン補充開始年齢が早くなり、また性ホルモン補充法も少量から始める方法が行われるなど、治療法の改善が見られ、成人身長の平均も150cmに近づきつつあることを報告しました。国立小児病院/国立成育医療センター内分泌代謝科のGH治療症例で、軟骨無形成症と軟骨低形成症の治療効果を比較し、低形成症ではかなりの治療効果が見られますが、無形成症での治療効果が少ないことを明らかにしました。プラダー・ウィリ症候群では、GH治療により身長改善・代謝面の改善が報告されていますが、日本を含めGH治療中に20例以上の突然死が報告されております。現在では、高度肥満症例、呼吸障害が認められる症例では、GH治療が禁忌とされています。しかし、乳幼児期の筋緊張低下には著効を示す症例もありました。
 

■骨年齢自動読影装置による測定法BoneXpertデータ発表

 
 12日は、デンマークで開発された骨年齢自動読影装置による測定法BoneXpertを、開発したDr.Thodberg、東邦大学佐藤真理先生、東北大学佐藤亨至先生らと共同で、日本人小児に応用したデータを発表しました。BoneXpertと佐藤真理先生の日本人標準TW2法の読影値はよく一致し、accuracyは0.67歳、preecisionは0.19歳でした。BoneXpertは、ヒトの読影と違い、同じフィルムなら同じ骨年齢を返してくるので、客観性が高く、早く臨床の場で使えるようになることを期待しています。
 

学術活動

 
 2015/04/28
No.21  「抄録2012-2015」 抄録 SGAGHTX 2015
No.20  「抄録2012-2015」 抄録 6歳時低身長 2015
No.19  「抄録2012-2015」 抄録 GHRP-2 2014
No.18  「抄録2012-2015」 抄録 GHD&QOL 2014
No.17  「抄録2012-2015」 抄録 GST+PB 2012
 2013/01/29
No.16  抄録 2011-2012
No.15  業績一覧(2011-2012)
 2011/02/23
No.14  績一覧(2008-2010)
No.13  小児検査基準値
 2010/06/12
No.12  低身長児の自然発育「成人身長の改善を規定する因子の検討」 「成長ホルモン分泌不全性低身長症における成長ホルモンによる前思春期の治療開始年齢別治療効果」
 2009/11/19
No.11  「成人低身長になる機序-低身長思春期発来-」と「低身長思春期発来児にたいする蛋白同化ホルモン・性腺抑制併用療法の有効性」
 2009/01/20
No.10  業績一覧
No.09  抄録
 2008/10/07
No.08  日本小児内分泌学会報告
 2008/06/10
No.07  6月講演予定
 2008/05/28
No.06  「改訂版 成長障害の臨床」が韓国で翻訳されて出版
 2008/02/26
No.05  総説と原著論文の要約
 2007/11/14
No.04  日本小児内分泌学会「学会賞」を受賞
 2007/10/30
No.03  韓国の成長ホルモンをとりまく事情
 2007/10/23
No.02  ”Forum on Growth Hormone Research, 2007” (成長ホルモン研究フォーラム 2007)
 2007/10/17
No.01  9月8日午後から12日まで、シンポジウムおよび学会