院長紹介

09 <<  学術活動 <<  院長紹介 <<  HOME

 学術活動

No.09  業績一覧

2009/1/20

SGA児とAGA児における成長ホルモン長期治療効果の比較

 

 
抄録:成長科学協会に登録されて、ほぼ成人身長(near adult height: NAH)に達した症例285名(AGA(appropriate-for-gestational age)268名、SGA(small-for-gestational age)17名)を対象としました。表に示すように、治療開始時には、体重を除いて両郡に有意な差はありませんでした。ほぼ成人身長SDスコアは、AGAの方が有意に大きく、また治療開始時よりほぼ成人身長までの身長SDスコアの改善度(Δ身長SDS)も、AGAの方が有意に大きかった。これは、SGAの方がAGAに比べて早く思春期に入ったためと推測されます。
 

低身長児の心理社会的側面について-健常児との比較から

 
抄録:SGA性低身長症児37名(男25名、女12名、平均4.9歳)と健常児78名(男36名、女40名、平均5.3歳)の親に対して、心理社会的な問題を捉えるためのアンケート調査を行いました。
このアンケートは、29項目を4段階評価するもので、健常児では困難でないと想定した事項でできています。その結果、平均点は全項目においてSGA性低身長症児が健常児より低得点を示しました。主な低得点の内容は、「高いところの物をとるのが大変そうに見える」など身長が低いこと自体に起因する問題の他、「食欲がない」などの生活面、「元気がない」などの体力・運動面での問題もみられました。また「仲間はずれにされる」といった他のこどもとの関わりや、「しょっとしたことで泣く」などの情緒面での問題も明らかになりました。
 

Efficacy and safety of growth hormone treatment in children born small for gestational age in Japan(日本におけるSGA性低身長症に対するGH治療の有効性と安全性)

 
抄録:SGA性低身長症に対するGH治療の有効性と安全性について検討しました。対象は2つのグループに分けられ、34名は0.033mg/kg/日の量を、他の33名は0.067mg/kg/週の量をそれぞれ1年間投与された。0.033mg/kg/日の群は1年間の成長速度が8.1cm/年でしたが、.067mg/kg/日の群は9.7cm/年と、有意によく伸びました。成長速度SDスコアは、0.033mg/kg/日群は-1.9SDから-2.6SDまで改善し、0.067mg/kg/日の群は-1.4SDから+4.7SDまで改善しました。身長SDスコアは、両群治療前-3.1SDでしたが、1年後は0.033mg/kg/日群は-2.5SD、0.067mg/kg/日群は-2.2SDでした。大きな副作用はなく、経口ブドウ糖負荷試験も、糖尿病型になったものはありませんでした。
成長促進作用は、0.067mg/kg/日の群の方が有意に大きいことが示されました。

学術活動

 
 2015/04/28
No.21  「抄録2012-2015」 抄録 SGAGHTX 2015
No.20  「抄録2012-2015」 抄録 6歳時低身長 2015
No.19  「抄録2012-2015」 抄録 GHRP-2 2014
No.18  「抄録2012-2015」 抄録 GHD&QOL 2014
No.17  「抄録2012-2015」 抄録 GST+PB 2012
 2013/01/29
No.16  抄録 2011-2012
No.15  業績一覧(2011-2012)
 2011/02/23
No.14  績一覧(2008-2010)
No.13  小児検査基準値
 2010/06/12
No.12  低身長児の自然発育「成人身長の改善を規定する因子の検討」 「成長ホルモン分泌不全性低身長症における成長ホルモンによる前思春期の治療開始年齢別治療効果」
 2009/11/19
No.11  「成人低身長になる機序-低身長思春期発来-」と「低身長思春期発来児にたいする蛋白同化ホルモン・性腺抑制併用療法の有効性」
 2009/01/20
No.10  業績一覧
No.09  抄録
 2008/10/07
No.08  日本小児内分泌学会報告
 2008/06/10
No.07  6月講演予定
 2008/05/28
No.06  「改訂版 成長障害の臨床」が韓国で翻訳されて出版
 2008/02/26
No.05  総説と原著論文の要約
 2007/11/14
No.04  日本小児内分泌学会「学会賞」を受賞
 2007/10/30
No.03  韓国の成長ホルモンをとりまく事情
 2007/10/23
No.02  ”Forum on Growth Hormone Research, 2007” (成長ホルモン研究フォーラム 2007)
 2007/10/17
No.01  9月8日午後から12日まで、シンポジウムおよび学会