院長・副院長紹介

HOME | 院長・副院長紹介 | 院長プロフィール

院長プロフィール

院長プロフィール


院長氏名 田中 敏章 (たなか としあき)
生年月目 1947年9月19日
出身地 京都府舞鶴市
出身大学 東京大学医学部
卒業年月 昭和48年3月卒
 

職歴・勤務先・職名


1973年5月 神奈川県立こども医療センター、小児内科ジュニア・レジデント
1976年4月 神奈川県立こども医療センター、内分泌代謝科シニア・レジデント
1977年6月 カナダ、マニトバ大学生理学教室リサーチ・フェロー
1980年4月 虎ノ門病院小児科医員
1984年10月 国立小児病院小児医療研究センター内分泌研究室長
1992年4月 国立小児病院小児医療研究センター内分泌代謝研究部長
2000年4月 国立小児病院内分泌代謝科医長兼務
2002年3月 国立成育医療センター 内分泌代謝科 医長
2004年7月 国立成育医療センター 臨床検査部 部長
2007年7月~ たなか成長クリニック 院長、国立成育医療研究センター 客員臨床研究員(2017年まで)
2008年4月~ 昭和大学医学部客員教授
2010年4月~ 世田谷区医師会立看護高等専修学校講師
2012年7月~ 公益財団 成長科学協会理事長
2015年4月~ 公益財団 日本学校保健会 成長曲線委員会委員
 

学会活動


日本小児科学会:専門医(1987年~
日本内分泌学会:功労評議員、専門医(1991年~)、指導医(2004年~)
日本小児内分泌学会 
日本成長学会:監事 
日本生殖学会:名誉会員
Growth Hormone Research Society
Asia Pacific Pediatric Endocrinology Society
 

編集活動


Pediatric Endocrinology Reviews : Associate Editor for Japan and Pacific AreaHormone Research, GH and IGF Research : Editorial board
 

その他


成長科学協会 : 理事長
1981年「ラクトジェニック・ホルモンのバイオアッセイの開発」で医学博士号取得
1981年  第1回 成長科学協会 学術奨励賞
2007年 第1回 日本小児内分泌学会 学会賞
 

専門分野


小児内分泌、特に成長障害・成長ホルモン治療、性の分化異常・性の成熟異常
 

業績


原著 : 成長ホルモン、成長ホルモン治療、思春期早発症などに関する論文、JCEMなどの雑誌に約400編
 

著書


「こどものかかりやすい病気(共著)」(東西杜、1985年)
「小児科プロセス&プラクティス(共著)」(医学書院、1987年)
「低身長の治療とケア」(小学館、1995年)
「ターナー症候群(共著)」(メディカルレビニ・一社、1995年)
「成長ホルモン療法を始める前に」(メディック、1997年、改訂版2003年)
「専門医による小児内分泌疾患の治療(共著)」(診断と治療杜、1997年、改訂第2版2002年)
「成長障害の臨床」(メディカルレビュー社、1997年、改訂版2004年)
「低身長の最先端医療ガイドブック(共著)」(永岡書店、2000年)
「新版ターナー症候群(共著)」(メディカルレビュー社、2001年)
「新しい小児の臨床検査基準値ポケットガイド」(じほう、2009年)
「こどもの身長を伸ばす本」(講談社、2011年)
「小児内分泌学(共著)」(診断と治療社、2009年)
「専門医による新小委内分泌疾患の治療(共著)」(診断と治療社。2017年)
「日本人小児TW2骨年齢-骨成熟評価マニュアルとアトラス-」(メディカルレビュー者、2018年)
「成長曲線活用の実際 成長曲線に基づく児童生徒等の健康権利の手引き」
(日本学校保健会、2018年)

当院の院長と副院長を紹介します。