院長紹介

院長プロフィール  <<  院長紹介 <<  HOME

 院長プロフィール

院長プロフィール
● 院長氏名 田中 敏章 (たなか としあき)
● 生年月目 1947年9月19日
● 出身地 京都府舞鶴市
● 出身大学 東京大学医学部
● 卒業年月 昭和48年3月卒
 
 
職歴・勤務先・職名
● 1973年5月 神奈川県立こども医療センター、小児内科ジュニア・レジデント
● 1976年4月 神奈川県立こども医療センター、内分泌代謝科シニア・レジデント
● 1977年6月 カナダ、マニトバ大学生理学教室リサーチ・フェロー
● 1980年4月 虎ノ門病院小児科医員
● 1984年10月 国立小児病院小児医療研究センター内分泌研究室長
● 1992年4月 国立小児病院小児医療研究センター内分泌代謝研究部長
● 2000年4月 国立小児病院内分泌代謝科医長兼務
● 2002年3月 国立成育医療センター 内分泌代謝科 医長
● 2004年7月 国立成育医療センター 臨床検査部 部長
● 2007年7月~ たなか成長クリニック 院長、国立成育医療研究センター 客員臨床研究員
● 2008年4月~ 昭和大学医学部客員教授
 
学会活動
● 日本小児内分泌学令 : 評議員・理事
● 日本内分泌学会 : 評議員・代議員 1991- 日本内分泌学会専門医 2004- 指導医
● 日本小児科学会 : 1987- 日本小児科学会専門医
● 日本糖尿病学会 : 
● 日本成長学会 : 理事長
● 日本生殖内分泌学会 : 理事
● 日本間脳下垂体腫瘍学会 : 理事
● 日本肥満学会 : 評議員
● 日本小児臨床薬理学会 : 運営委員
● 日本小児保健学会
● The Endocrine Society
● Growth Hormone ResearchS ociety
● Pediatric Endocrine Society
 
編集活動
● Pediatric Endocrinology Reviews : Associate Editor for Japan and Pacific Area
● Hormone Research, GH and IGF Research : Editorial board
● Clinical Pediatric End㏄rinology (日本小児内分泌学会英文詩) : Associate Editor-in-Chief

その他
● 成長科学協会 : 理事長
● 1981年「ラクトジェニック・ホルモンのバイオアッセイの開発」で医学博士号取得
● 1981年  第1回 成長科学協会 学術奨励賞
● 2007年 第1回 日本小児内分泌学会 学会賞

専門分野
● 小児内分泌、特に成長障害・成長ホルモン治療、性の分化異常・性の成熟異常
 
業績
● 原著 : 成長ホルモン、成長ホルモン治療、思春期早発症などに関する論文、JCEMなどの雑誌に約400編
 
著書
● 「こどものかかりやすい病気(共著)」(東西杜、1985年)
● 「小児科プロセス&プラクティス(共著)」(医学書院、1987年)
● 「低身長の治療とケア」(小学館、1995年)
● 「ターナー症候群(共著)」(メディカルレビニ・一社、1995年)
● 「成長ホルモン療法を始める前に」(メディック、1997年、改訂版2003年)
● 「専門医による小児内分泌疾患の治療(共著)」(診断と治療杜、1997年、改訂第2版2002年)
● 「成長障害の臨床」(メディカルレビュー社、1997年、改訂版2004年)
● 「低身長の最先端医療ガイドブック(共著)」(永岡書店、2000年)
● 「新版ターナー症候群(共著)」(メディカルレビュー社、2001年)
● 「新しい小児の臨床検査基準値ポケットガイド」(じほう、2009年)
● 「こどもの身長を伸ばす本」(講談社、2011年)