院長紹介

08 <<  学術活動 <<  院長紹介 <<  HOME

 学術活動

No.8 日本小児内分泌学会報告

2008/10/7

10月1日から4日まで、米子で第42回日本小児内分泌学会があり、以下の5つの発表を行ってきました。
 
イブニングセミナー「ノルディトロピン治療による成長促進作用と代謝作用」
ランチョンセミナー「ターナー症候群GH治療共同研究(TRC)の7年間の治療経験」
ポスターセッション「CBCLを用いたGHD及びISS小児のQOL評価」
ポスターセッション「低身長児の思春期における成人身長の予測法(Growth Potential II 法)」
ポスターセッション「低身長男子における蛋白同化ホルモンmetenolone acetate (primobolan) の単独投与の成長促進効果」
そのうちの2つについて、内容を紹介します。
 

低身長児の思春期における成人身長の予測法(Growth Potential II 法)

 
たなか成長クリニック1、国立成育医療センター内分泌代謝科2、東邦大学医療センター3 
田中敏章12、内木康博2、堀川玲子2、佐藤真理3
 
【目的】思春期に入った低身長を主訴とした小児において、成人身長を予測する新しいGrowth Potential法(Growth Potential II 法)を作成する。
 
【対象と方法】低身長を主訴とした男児25名、女児26名を、無治療で成人身長まで経過観察した。骨年齢は、日本人標準TW2法で測定した。思春期開始時の平均年齢、平均身長、平均身長SDSは、男女それぞれ、12.5歳、135.8cm、-2.14SD、11.22歳、129.4cm、-2.31SDだった。平均成人身長は、男児161.8cm(-1.54SD)、女児147.9cm(-1.99SD)だった。男児のべ116回、女児のべ107回における診察データを、Growth Potential(GP:その時点から成人身長までの伸び)を従属変数、年齢、身長、体重、骨年齢、思春期開始時期の年齢、身長を独立変数として、重回帰分析を行った。
 
【結果】思春期におけるGrowth Potentialを、次の式で予測した。
男児:GP=61.074-0.373x(暦年齢)-0.712x(TW2法骨年齢)-0.726x(身長)-0.099x(体重)+0.024x(思春期開始年齢)+0.575x(思春期開始身長)
女児:GP=45.573+0.833x(暦年齢)-1.83x(TW2法骨年齢)-0.496x(身長)-0.118x(体重)-1.359x(思春期開始年齢)+0.486x(思春期開始身長)
男児の重回帰式のGPのR2は0.975、女児のR2は0.872と、男子の法が優れていた。評価時点の身長に、この予測GPを加えることにより、予測成人身長が算出できる。思春期開始時および1年以内の男児34回、女子37回の診療時のデータで、男児の(予測成人身長-実測成人身長)の範囲は-2.8cm~2.7cm、絶対値の平均は1.0cm、女児の範囲は-3.6cm~3.6cm、絶対値の平均は2.0cmであった(図1,2)。
同じデータを、Growth Potential I法で評価した場合、男児の(予測成人身長-実測成人身長)の範囲は-8.0cm~14.5cm、絶対値の平均は3.2cm、女児の範囲は-9.0cm~8.0cm、絶対値の平均は3.4cmであった。
思春期開始時が判らないときは、次式を用いられるが、それぞれR2は男児0.907、女児0.759と精度が低下した。
男児:GP=103.121-0.167x(暦年齢)-2.2x(TW2法骨年齢)-0.364x(身長)-0.120x(体重)
女児:GP=72.544+0.458x(暦年齢)-2.406x(TW2法骨年齢)-0.276x(身長)-0.079x(体重)
 
【結論】無治療時の診療データを用いて、思春期に成人身長を予測するGrowth Potential II法を作成した。Growth Potential I法の骨年齢だけの予測よりも、他の臨床指標も用いて精度がよい予測式が作成できた。他の低身長児での評価が、期待される。
 

低身長男子における蛋白同化ホルモンmetenolone acetate (primobolan) の単独投与の成長促進効果

 
たなか成長クリニック1、国立成育医療センター内分泌代謝科2、東邦大学医療センター3 
田中 敏章1,2、林 美慧2、佐藤 真理3、内木 康博2、堀川 玲子2
 
【目的】低身長男子において、蛋白同化ホルモンmetenolone acetate (primobolan)の単独投与による、成人身長の改善の効果について検討した。
 
【対象と方法】低身長思春期発来、または思春期成長率不良を主訴に受診した低身長男子16名に、primobolan を単独投与した。各症例において、思春期開始時、投与開始時、投与終了時、最終受診した時点において、Growth Potential II法によって予測成人身長 (PAH) を評価した。最終受診した時点に、16名うちの9名はすてに成人身長或はほぼ成人身長に達していた(BA>15 y)。[最終受診時PAH-投与開始時のPAH]を治療効果とし、[最終受診時PAH-思春期開始時]を思春期の伸びとした。
 
【成績】思春期開始時の年齢は 12.30±0.55歳 (11.17~13.08)で、身長は 136.3±4.6 cm (125.7-144.1)であった。投与開始時の年齢は13.07±0.88歳 (11.58~14.5)で、 身長は140.6±5.3 cm (133.3~150.6) で、骨年齢は 12.01±1.12 歳 (10.3-14.5)で、PAHは 161.2±3.4 cm (153.7~168.2)であった。 治療は思春期開始後 0.77±0.78年 (0~2.58) に開始され、治療期間は 1.87±0.81年 (0.83~3.33)であった。 最終受診した時点のPAHは 163.2±4.2 cm (154.8~172.5)であったので、 治療効果は 2.0±1.8 cm. ( P<0.001 )であった(図3)。3cm以上改善したのは5名、低下したのが1名であった。治療効果は、治療開始年齢と、有意な正の相関(r=0.532, p<0.05)を示した。
 

【結論】Primobolanの単独投与は、成長率の改善には効果が認められるが、成長身長の改善は、平均2cmであった。 我々のデータから、低身長男子において、思春期の後期に、蛋白同化ホルモン投与するのが効果的と考えられた。投与量、治療期間などの検討により、より
よい治療効果が期待できる。
 
図1.Growth Potential II法による低身長男子の予測成人身長と実測成人身長
 
図2.Growth Potential II法による低身長女子の予測成人身長と実測成人身長
 
図3.プリモボランによる治療効果
 

学術活動

 
 2015/04/28
No.21  「抄録2012-2015」 抄録 SGAGHTX 2015
No.20  「抄録2012-2015」 抄録 6歳時低身長 2015
No.19  「抄録2012-2015」 抄録 GHRP-2 2014
No.18  「抄録2012-2015」 抄録 GHD&QOL 2014
No.17  「抄録2012-2015」 抄録 GST+PB 2012
 2013/01/29
No.16  抄録 2011-2012
No.15  業績一覧(2011-2012)
 2011/02/23
No.14  績一覧(2008-2010)
No.13  小児検査基準値
 2010/06/12
No.12  低身長児の自然発育「成人身長の改善を規定する因子の検討」 「成長ホルモン分泌不全性低身長症における成長ホルモンによる前思春期の治療開始年齢別治療効果」
 2009/11/19
No.11  「成人低身長になる機序-低身長思春期発来-」と「低身長思春期発来児にたいする蛋白同化ホルモン・性腺抑制併用療法の有効性」
 2009/01/20
No.10  業績一覧
No.09  抄録
 2008/10/07
No.08  日本小児内分泌学会報告
 2008/06/10
No.07  6月講演予定
 2008/05/28
No.06  「改訂版 成長障害の臨床」が韓国で翻訳されて出版
 2008/02/26
No.05  総説と原著論文の要約
 2007/11/14
No.04  日本小児内分泌学会「学会賞」を受賞
 2007/10/30
No.03  韓国の成長ホルモンをとりまく事情
 2007/10/23
No.02  ”Forum on Growth Hormone Research, 2007” (成長ホルモン研究フォーラム 2007)
 2007/10/17
No.01  9月8日午後から12日まで、シンポジウムおよび学会