< 低身長,成長ホルモン > たなか成長クリニックは、低身長を中心とした小児内分泌疾患を扱う専門性の高いクリニックです。
お知らせ クリニック案内 院長紹介 低身長 思春期 学術活動 お問い合わせ
思春期の性成熟と成長 思春期早発症 思春期遅発症 性腺機能低下症
Page Position HOME 思春期の性成熟と成長 @ 二次性徴の成熟
思春期
思春期は小児から成人への移行の過渡期にあたる時期で、種々の成熟段階を経て身体全体が成人に成熟します。
思春期の性成熟と成長
思春期の性成熟と成長
 思春期は小児から成人への移行の過渡期にあたる時期で、種々の成熟段階を経て身体全体が成人に成熟する。この過程は多くの神経内分泌因子やホルモンによって制御されているが、最終的には、下垂体から分泌されるゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)と性腺から分泌される性ステロイドホルモンが上昇して、二次性徴を発現・成熟させる。

 何が思春期開始の引き金になるかは、完全には明らかではないが、栄養や脂肪細胞から分泌されるレプチンなどが関与していると考えられている。
@ 二次性徴の成熟 A 思春期のホルモン B 思春期の成熟と成長
 思春期の発来は、男子においては精巣容量の増大から始まり、陰茎増大、陰毛発生と進んでいく。女子においては乳房の発達から始まり、陰毛発生,初経と進んでいく。思春期の評価は、Tannerが提唱したTanner段階が用いられ、男子においては、精巣の大きさ、陰茎の大きさ、陰毛の発毛状態が、女子においては乳房、陰毛の発毛状態が評価される1)。未だ思春期が始まらない時期をTanner 1度、成人の成熟状態をTanner 5度とし、思春期の開始(女子で乳房の発育開始、男子で精巣の4ml以上の増大)をTanner 2度として、評価する(図1(a)(b))1)。男子では、Orchidometer(精巣容量測定器)を用いて、精巣容量を測定する。精巣容量とTanner段階に関しては明確な規定はないが、筆者は4〜8mlをTanner 2度、8〜12 mlをTanner 3度、12〜18 mlをTanner 4度、18 ml以上をTanner 5度としている。
ページ戦闘へ移動
Copyright(C) 2007 Tanaka Growth Clinic All Rights Reserved. Since 2007.6